デリケートゾーンのくすみや黒ずみの原因と対策

 

デリケートゾーンの黒ずみやくすみは、メラニン色素が影響しているといわれています。

 

メラニン色素というとシミやソバカスを思い浮かべる人も多いですが、本来、外的な刺激から肌を守るのが役目であるため紫外線以外の要因によっても活発になり、デリケートゾーンの黒ずみやくすみの原因になります。

 

そのうちのひとつが肌への摩擦です。デリケートゾーンは下着や衣服、アンダーヘアや生理中のナプキンなどで常に刺激を受けていることがあげられます。

 

間違った洗い方もひとつで、デリケートゾーンのくすみが気になって強く擦ってしまうと、それが刺激になりさらにメラニンが生成されるので、体を洗うときはゴシゴシ洗うのは避けて、そっと洗うことが大切です。

 

他にはホルモンのバランスも関係しているといわれています。

 

妊娠中や産後にデリケートゾーンや乳首周りが黒くなるのもそれが原因ですが、ホルモンバランスの乱れは黒ずみだけでなくニキビや肌荒れの原因にもなります。

 

肌の新陳代謝のリズムが乱れることもくすみなどの要因で、ターンオーバーが上手くおこなわれないと過剰に生成されたメラニンが肌に残ったままになるので、デリケートゾーンが黒ずんで見えることになります。

 

もともとデリケートゾーンや乳首の周囲はメラニン色素が活発で、ストレスやホルモンの乱れ、加齢などの影響を受けやすい部位ですが、これまでに述べたことを踏まえて対策をすることである程度、黒ずみを防ぐことができます。

 

まずはデリケートゾーンの保湿をして潤いを保つようにします。

 

肌が乾燥するとシミやシワができやすくなりますが、これは潤いを失った無防備な肌に負荷を与えた結果であり、デリケートゾーンにも同じことがいえます。

 

お手入れには専用の保湿剤を使用し、なるべく肌に負荷をかけないように潤いを与えます。

 

また洗うときは強く擦るのではなく、できればデリケートゾーン向けの石鹸などを利用し、しっかり泡立てて優しい力加減で洗い、石鹸が残らないように温めのお湯で流します。

 

衣服や下着の圧迫も原因のひとつになりますので、下着はできるだけ締め付けないゆったりとしたものを選びます。

 

自分のサイズよりも小さいものを選ぶと、ゴムなどが肌に食い込み刺激になります。

 

他には良質な睡眠をとることでストレスをためず、規則正しい生活やバランスの良い食事、適度な運動をすることでホルモンバランスを整えます。

 

こういった日々の生活やお手入れでデリケートゾーンの黒ずみやくすみはある程度改善されるはずですが、セルフケアがなかなか難しい場合は美容皮膚科などに相談するのも選択肢のひとつになります。

トップへ戻る